株式会社ウッディさんない

ABOUT

MOBILE QR CODE

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

 

ウッディさんない

電話番号

0182-53-2600

 

営業時間

ウッディ事業部

/8:00~17:00

休業日/日曜・祝日・第2・4土曜

 

 

 

木の香/9:00~17:00 (※DIY室は16:00までの営業となります)    休業日/不定期のため随時お知らせいたします

 

 

 

 

木兵衛

木兵衛~災害に備えるレンガのような木塀~

解体時の工具不要,SDGsに配慮した持続可能な製品です

特願:2022-021030

1. 倒壊時のリスク低減
2018年6月18日に発生した大阪北部地震では、小学校のブロック塀が倒壊して登校中だった小学4年生の女児が下敷きになって死亡した事故がありました。一般的に塀に使われているコンクリートブロック(C種)は、単体で約10kgの重さがあります。
コンクリートブロック塀が倒壊する際、落ちてくるのは1個だけではありません。
まとまって倒れてしまうことはもちろん、ブロックをつなぐモルタルや鉄筋・重力加速度もあるため、状況によっては1トン以上のコンクリートの塊が落ちてくることになります。

木材は、コンクリートブロック塀と比べると非常に軽量です。
コンクリートと木材の比重は
木材(スギ) :0.38[t/m3]
コンクリート:2.30[t/m3]
となっており、木材(スギ)はコンクリートの重量の約1/6しかありません。

コンクリートブロックは単体でも約10kgと重量が大きいため、倒壊時には大変な脅威となりえます。
しかし、木材であれば同じ大きさであっても、重さはコンクリートの1/6ですから、重大事故・怪我の軽減が見込めます。

また、木兵衛では地震発生時の振動によって、支柱及び目隠し板部の自壊も目的としています。
コンクリートブロックより軽量とはいえ、まとまって倒れることを防止することにより、安全性の向上はもちろん、燃料として使用する際の利便性向上を図っています。


2. 非常時のエネルギーとして
震災による非常時、復旧までの当日~数日間は電気やガスの使用ができません。内閣府では、南海トラフなど巨大地震対策として1週間分以上の家庭内備蓄を呼びかけていますが、復旧が長期に及ぶとカセットガスボンベがなくなりますし、大規模災害では供給の停滞も予想されます。
また、阪神淡路大震災・東日本大震災は、ともに寒い時期に起きており、暖房に使用する灯油などの燃料不足が起こりました。
木材は、調理のためのエネルギーとしての利用はもちろん、灯油と違い、そのままでの長期保存が容易な非常に優れたエネルギーです。

3. 金物不使用のオールウッド工法
木兵衛では金物を使用していないため、解体には特別な工具を必要としません。

・手作業で笠木の取外しが可能
 →災害時には目隠し板を即席の燃料として利用
  枠材は防腐処理済のため、新たに板をはめ込むことで、木塀としての再利用も可能
・人体に無害な自然塗料を採用
・薪ストーブに入れやすい寸法設計

秋田県産スギ間伐材を利用したオールウッド工法で、自然にやさしく、SDGs達成に配慮した製品です。


4. 優れた景観性
レンガのような重厚感と、木材本来のあたたかさを兼ね備えた製品のため、木目を楽しむだけでなく
・景観に馴染みやすい
・メンテナンスが簡易
・塀特有の圧迫感の軽減
などのメリットが挙げられます。
また、裏面は平坦になっているため、ポスターの掲示やイラストを描くこともできます。ご自宅だけでなく、避難所や公園のほか公共トイレの目隠しなど幅広いシーンでご利用いただけます。



5. メディア掲載情報
2022.03.30 NHKニュースこまち放送
2022.03.31 NHK総合 【おはよう日本】放送
2022.04.11 秋田魁新報掲載
2022.05.07 河北新報掲載
2022.05.11 ABS秋田放送 秋田スズキpresentsフロンティア放送

CONTACT

 

PAGE TOP